親からお金を借りるには?言いづらい時に最適な頼み方と言い訳を紹介

親にお金を借りる方法

親にお金を貸してほしいと頼むときは、借りたい理由や金額を明確に伝えます。

そのうえで、返済計画書や借用書を作成し、具体的な返済方法もセットで説明しましょう。

お金借りる理由は、今までの親子関係やあなたの年代によって、親が納得してくれそうな言い方を考えます。

親からお金を借りたいと思っている人は、あなただけではありません。

実際の調査では、新たな借り入れが必要なときに「家族や親せきにお金を借りる」と考える人は34.7%にのぼります。

親からお金を借りることを検討する人の割合
引用:日本貸金業協会

大学生なら、勉強や就職のため、社会人ならスキルアップや転職のため、住宅購入や修繕、子どもの進学費用などを理由にするといいでしょう。

目次

親からお金を借りたいときに最適な言い訳

親にお金を借りたいと頼むときは、親が貸してあげてもいいと思える状況を作ることが大切です。

そのためには自分の主張だけを言うのではなく、貸してほしいと言われた親の気持ちになって、納得できる理由と言い方を考えましょう。

大学生は勉強や就職を理由にしよう

大学生が親からお金を借りたいときは「大学の授業に必要な教材が高額なため」や「資格を取得するため」「就職活動で使うスーツやカバンを買うため」などと説明しましょう。

お金を借りる理由
  • 教材費:教科書や参考書、パソコン
  • 資格取得費:講座の受講料、テキスト代、受験費
  • 就職活動費:スーツやカバン、交通費、宿泊費

多くの親は、大学生の本分は学業であると考えています。

そのため、大学の学費や基本的な生活費は親が負担・援助しているケースが多いでしょう。

しかし、友人との付き合いや趣味、ファッションなどにお金をかけていると生活費が足りなくなります。

だからと言って、一人暮らしをしている大学生が「家賃や光熱費が払えない」「食費が足りない」などの基礎生活費を貸してほしいと親に言えば、お金の使い方を過剰に心配される恐れがあります。

アルバイトをしており、定期収入がある大学生なら金融機関からお金を借りられますが、日雇いや一時的な求人マッチングサービスなどで働いている人がお金を借りる先としては、親が第一候補でしょう。

親にお金を貸してほしいと頼むのは言いづらいことですが、なるべく気持ちよく貸してもらうための言い訳を紹介します。

大学で使う教科書や参考書、パソコン購入が必要

大学の教科書は安いものでも2,000円程度、専門書など高いものになると5,000円を超えます。

学部や専攻にもよりますが、教材費なども含めて年間50,000円程かかるとも言われています。

1〜2年生は授業の数が多く、3〜4年生はゼミに所属して専門的な内容を学ぶため、どの学年でもこの理由は使えるでしょう。

とくに新年度の始まりである4月は理由として言いやすい時期です。

資格を取得するための費用を借りたい

学生のうちに資格を取得しようとする子どもに、多くの親は協力的です。

「資格を取得するための講座の受講料が必要」や「受験費用がかかる」などと言えば、快くお金を貸してくれる可能性は高いでしょう。

大学生に人気で、将来にも役立つ資格には次のようなものがあります。

  • 簿記検定
  • ファイナンシャルプランナー
  • 宅地建物取引士(宅建士)
  • ITパスポート
  • TOEIC
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

これらは、就職や将来のキャリアアップにつながる資格のため、多少高いお金が必要でも貸してくれるかもしれません。

また、本当に資格をとろうと考えている場合は、住んでいる自治体や通っている大学に資格取得の補助金制度がないか確認してみましょう。

栃木県佐野市では学生を対象に国家資格や簿記、TOEICなどの受験料全額を助成する制度があります。

松山大学名古屋市立大学にも資格取得支援制度が用意されています。

20代は将来のための投資であるとアピール

20代の社会人が親にお金を借りたいときは「スキルアップや資格取得のために教材や受講費がかかるため」と話してみましょう。

社会に出て数年しか経っていない20代は、お金に余裕がなく、貯金も多くないことを親は分かっています。

とはいえ、社会に出たからには、もらえる収入の範囲内で暮らす術を身につけてほしいとも思っています。

そこで、親に理解してもらえるような言い訳を使いましょう。

今の仕事でよりスキルアップしたい

「スキルアップして今の仕事で昇進し、給料を上げたい」「今のキャリアに、これから取得するスキルを掛け合わせて、新たな仕事に挑戦したい」など、お金をかけて学んだことが、いずれは仕事に反映されることをアピールすれば、やる気に溢れる子どもを支援したいという気持ちになる親は多いでしょう。

学生時代の勉強とは違い、資格をとることが目的ではなく、知識と技術を学び、即戦力となり得る経験も必要です。

たとえばITエンジニアの場合、プログラミング言語を習得するためのオンラインコースの受講費、資格を取得するためのテキスト代・受験料、技術書籍の購入費などが必要です。

社会人になっても勉強し続け、社会に必要とされる人材になるために必要なお金なら、親も納得してくれる可能性は高いでしょう。

友人の結婚式が続いたから一時的に貸してほしい

結婚式のご祝儀はお祝い事ですし、金額が大きいことを親も分かっているため、比較的理解してもらえる言い訳です。

20代のご祝儀の相場は3万円。20代後半になると友人の結婚式が続くことがあり、結婚式が3回も続けば、二次会の費用や往復の交通費、服装の準備などを含めて10万円以上が必要です。

「次のボーナスが出たら返す」「来月の給料が出たら返す」など、返済の時期を明確にしたうえで、短期的な借り入れであることを強調して頼んでみましょう。

30代は早い段階で親に相談しよう

30代で結婚や子育て、住宅購入など、ライフイベントに金銭的な支援が必要な場合は、良いコミュニケーションの基礎として、早期に相談しましょう。

30代で起こると考えられる以下のライフイベントで親から借りたいと思う金額は、比較的金額が大きいケースが多いからです。

お金を借りる理由
  • 結婚
  • マイホームの購入
  • 子どもの教育費
  • 転職・事業資金

親に頼むためには、いずれも前向きな理由であることが重要です。

そのうえで、「こんなことをしたいと考えているが、お金がかかるから迷っている」というような相談の仕方をします。

相談によって良いコミュニケーションが取れていれば、いざ借りたいと頼んだときに心の準備ができている可能性は大きいです。

親自身に金銭的な余裕があれば、子どもや孫のために、やりたいことを叶えてあげたいという思いはあるはずです。

その思いを引き出すためにも、事前に複数回話をして「どんなことがしたいのか」「何に迷っているのか」「ネックは何なのか」について相談しましょう。

住宅ローンの頭金を援助してほしい

「マイホームを持ちたいと考えているが、希望の住宅にすると月々の返済額が高くなってしまう。

頭金がもう少し用意できれば購入できるのに。」といった内容の相談を、マイホーム購入の計画段階から親に相談します。

土地や工務店、マンション探しなど、マイホーム購入に向けて悩んでいる状況を共有しながら、お金がネックになっていることをアピールしましょう。

たとえば、希望に近い物件Aと、条件をいくつか妥協した物件Bとで悩んでいるとします。

Aは勤務先や子どもの学校にも通いやすく、条件は揃っているものの、手持ちのお金を頭金にして、残りをローンで返済すると生活が苦しくなります。

「頭金をあと◯万増やせれば、希望の住宅が購入でき、月々の返済もうまくいくけれど、Bで我慢するしかないかな」というような悩みを何回かに分けて親に話しましょう。

住宅金融支援機構の調査によると、頭金は約270万円〜990万円、月々の予定返済額は約8.2万円〜13.2万円が平均です。

こういった数字も見せながら、最終的に頭金の援助を頼んでみるといいでしょう。

転職により収入が一時的に減るため

今よりも状況を良くするために転職を考えていることを事前に相談し、応援してもらえるような状況にしましょう。

無職でもお金を借りる方法はありますが、前向きなキャリア転換なら、親も応援してくれる可能性は高いです。

たとえば、今の仕事よりも給料の高い仕事に就きたいが、仕事が忙しすぎて転職活動ができず、一旦退職してから考えたい場合、仕事を辞める前に親に話をします。

現状の多忙さとこれからやりたい仕事について語り、共感してもらえれば、次の仕事に就くまでの生活費を貸してもらえる可能性は高まるでしょう。

最初は今の給料よりも安くなるものの、やりたいことができる企業に転職を考えている場合も、退職する前に親に話をします。

事前に相談することで、親も子どもを応援する気持ちになり、転職後の給料が安定するまでの生活費を支えてもらえるかもしれません。

40代は生活の安定ぶりを見せて資金不足が一時的なものであると話そう

普段の生活には問題ないが、子どもの進学や家の修繕費などで、短期的な資金不足が発生していると話しましょう。

40代の親は高齢で、年金生活を送っている人も多いと予想できます。

そんな高齢の親に、40代で「収入が少ないから」や「貯金がないから」まして「借金があるから」という理由でお金を貸してほしいと言えば、非常に心配をかけてしまいます。

できるだけ穏便に親にお金を貸してもらいたい場合は、日々の生活費に困窮している状況ではないことを分かってもらったうえで、一時的にお金が足りない状況だと説明しましょう。

子どもの進学費用を手助けしてもらいたい

子どもが進学するための費用を借りたいとお願いすれば、気持ちよくお金を貸してくれる可能性が高いでしょう。

孫のためであり、進学という希望に満ちた使い方であれば、親もお祝いしてあげたいと思うからです。

子どもの進学には、受験前と受験中、受験後の3段階でお金がかかります。

受験前には塾や教材費、受験するには受験料や受験会場までの交通費・宿泊費が必要です。

複数の大学を受験し、本命の学校の合否が判明する前に滑り止めの学校の入学金納付期限がある場合は、入学するしないにかかわらず入学金を払う必要性が出てきます。

大学や専門学校に合格した後は、入学金や施設設備費、後援会費や同窓会費などで50万円〜100万円(データ元:金融庁 子どもの教育費の支払いが必要です。

さらに、子どもが一人暮らしをする場合は毎月の仕送りも必要になります。

親は進学にかかる費用の大変さを経験済みです。

同じ思いをした経験から、子どもの進学費用を手助けしてほしいと言われれば、進んで貸してくれる親もいるかもしれません。

突発的に家の修繕が必要になった

突発的な家の修繕を理由にすれば、お金を貸してくれる確率が上がるでしょう。

子どもや孫が住む家が安全で快適な状態でないことは、緊急性があり重要な問題だと親も認識するからです。

たとえば、自然災害で屋根に飛来物が落下し、雨漏りが発生したり窓が割れた場合などは、すぐに修理が必要になります。

経年劣化により給湯器や冷蔵庫、洗濯機などが故障した場合も、高額ですが生活に欠かせない家電のため、買い替えが必要です。

20代・30代で戸建ての家を建てた人は、10年以上経過して修繕が必要になる頃です。

外壁や屋根の塗装、バルコニーやベランダなどは劣化しやすく、キッチンやトイレ、お風呂などもメンテナンスの状況によっては修繕や交換が必要になります。

放っておくとさらに劣化が進行し、修繕費用が高くなる可能性があります。

親に頼む場合は、突発的な理由であること、金額が大きいためすぐには準備できないことを説明しましょう。

「お金を借りたい」と言いづらくても返済する意志を具体化して頼んでみよう

親子間のお金の貸し借りだからこそ、返済計画書や借用書を作成し、お金を「もらいたい」のではなく「借りたい」という返す意志を見せましょう。

親は子どもからお金を貸してほしいと頼まれたとき、使い道や子どもの金銭状況を気にします。

それと同時に、他に借りるアテがないほどお金に困っているのか、親だから貸してくれるだろうと甘えているのか、どちらなのかを今までの関係性と現状で判断するでしょう。

他に借りるアテがなくて頼んでいると判断した場合、親としては協力してあげたいと思う気持ちが強いかもしれませんが、親にも事情があります。

親の資産状況や貸す金額にもよりますが、返ってこないかもしれないお金を貸すほどの余裕がない場合は、貸すことを躊躇しかねません。

そこで返済計画書や借用書を作成し、いつまでに返すということを明確にすれば、貸してもいいと思う可能性が高まります。

親だから貸してくれるだろうと甘えていると思われた場合は、お金を貸すことが子どものためにならないのではないかと思い、断る親が多いでしょう。

しかし、返済計画書や借用書を作成して頼むことで、甘えているのではなく頼っているのだと思ってもらえます。

甘えていると思われるような関係性の親子ほど、正式な書面を作成して返済する意志を明確にし、金融機関に借りるような気持ちで臨めば本気度が伝わります。

返済計画を立てて書面で説明する

お金を借りたいと親に頼むときは、借りるところから最後に返し終えるところまでを親がシミュレーションしやすいよう、説明資料を用意しましょう。

具体的には、何にお金が必要なのか、いくら貸してほしいのか、いつまでにどうやって返済するのかを説明します。

  1. 借りる理由
  2. 借りたい金額
  3. 返す方法 

借りる理由や金額だけでなく、返す方法までをセットにして説明することで、親への誠実な姿勢を示せます。

説明を受ける親としても、計画性があり、自己管理ができていると感じられ、本当に必要なお金だと認識してもらえる可能性が高まるでしょう。

さらに、返済方法を「返済計画書」として書面で準備すると、どのように返すのかが具体的にイメージしやすくなります。

親もお金が返ってくる時期が明確に分かれば、今後の家計管理が計画しやすくなり「この期間までなら貸してもいい」と貸すことに対して前向きに考えてくれるかもしれません。

貸してほしいという内容だけで返済について話をしないと、いつまでに返すのかが曖昧になり、最悪の場合「借りる」のではなく「もらおう」としているのではないかと思われます。

また、返済計画を書面にせず口頭で済まそうとすると誤解を招きやすく、後から内容が変わったと言われたり、言った言わないの水掛け論になったりとトラブルになる可能性があります。

借りたお金をいつ、いくらずつ、どのような方法で返す予定なのかを明確に記載した返済計画書を作成することがポイントです。

返済計画書はエクセルやワード、手書きなど、自分で作成しても構いません。必要な項目は次の3つです。

返済期間1年間 など
支払方法毎月、年2回ボーナス払い、年1回 など
返済金額総額、年額、1回あたりの返済金額

インターネットで「返済計画書 テンプレート」と検索すれば、さまざまな書式の返済計画書が出てきます。

検索結果の中から、使いやすそうなものをダウンロードすれば、記載項目に迷うことなく、時間短縮になるでしょう。

ただし、データで作成するだけでなく、書面として親に見せなければいけないため、印刷が必要です。

プリンターを持っていれば問題ありませんが、ない場合はコンビニで印刷するなど、一手間かかることを覚えておいてください。

借用書を作り嘘やごまかしがないことを約束する

お金を借りる側である自分から借用書を作成し、法的にも返す義務が発生する状況を作りましょう。

いくら理由を説明して、返済計画書を作成しても信じてもらえない可能性があるからです。

借用書には、借りる側への返済義務を証明する役割があります。

法的な証拠になるため、嘘をついたり、内容を誤魔化したりすることを防止できます。

借用書を作らずに口約束だけで借りると、お金を貸した事実が証明できず、後々トラブルになるかもしれません。

返済が遅れたり滞ったりしても、親が子どもを訴えて裁判沙汰にすることは考えづらいですが、親子関係の悪化を招く可能性もあります。

いくら借りて、いつまでに返すという約束を書面で残しておけば、時間の経過とともに薄れる記憶や認識のズレによる返済トラブルを防止できます。

貸す側の親としては、貸したままお金が返ってこないのではないかという不安を軽減できるでしょう。

借用書に決まった形式はなく、次の項目を記載すれば借用書として成立し、法的に有効です。

借用書に記載する項目
  • 「借用書」というタイトル
  • 作成年月日
  • 借りる側、貸す側両方の氏名・住所・印鑑
  • 借りた金額
  • 借りた日
  • 返済方法
  • 返済期日

手書きで上の項目を紙に書いてもいいですが、パソコンで作成したり、インターネットでテンプレートをダウンロードしたものに記載した方がきちんと考えて準備した漢字が出て、親の印象も良くなります。

ただし、金額や日付は親の了承を得た後に書いた方がいいでしょう。

貸してほしいと頼む前から金額や日付を事前に書いたものを持っていくと、自分の希望通りの金額を親がすぐに貸してくれると考えていると思われてしまいます。

また、借りる側と貸す側の氏名は本人が手書きし、印も本人が押印します。

印鑑は普段使っている認印で構いません。本人による署名と捺印がないと、借用書として成立しないため、誤ってパソコンで氏名をあらかじめ入力しないようにしましょう。

その他にも、改ざんやトラブルを防ぐために次の注意事項を参考にして作成してください。

  • 金額は漢数字の大字(壱萬、弍拾、参佰など)を使う
  • 金額が1万円以上の場合は収入印紙を貼る
  • 2通作成し、貸す側と借りる側のそれぞれが保管する
  • 手書きする際は消えないボールペンを使う

正式な借用書を作ろうと思うと、多くのことに気をつけなければいけません。

それだけに、ただお金を貸してほしいと頼むだけでなく、自分から借用書を準備することで信用してくれる確率が上がるでしょう。

親にお金を借りるのはいくらまで?金額次第で贈与税の課税対象になる

贈与税が課税される金額

親に借りる金額が年間110万円以下なら、贈与税の課税対象にはなりません。

贈与税を計算する際に、借りた金額から110万円の基礎控除を差し引くことができるからです。

贈与税とは、親や友人などから財産をもらった際にかかる税金です。

お金や不動産など、価値のあるものをもらったときに税務署に申告し、必要に応じて税金を支払わなくてはいけません。

贈与税の税率は金額によって異なり、10%〜55%の範囲で受け取った金額が大きいほど高い税率が適用される仕組みです。

ただし、理由が家の購入資金や教育資金、結婚や子育て資金の場合はそれぞれ特例制度があります。

課税価格税率
200万円以下10%
300万円以下15%
400万円以下20%
600万円以下30%
1,000万円以下40%
1,500万円以下45%
3,000万円以下50%
3,000万円超55%
課税価格=受け取った金額ー110万円

親からお金をもらうのではなく、借りる場合でも金額や条件によっては贈与税の対象となる場合があります。

たとえば返済の意志が不明確だったり、返済されなかったりすると、贈与とみなされる可能性があるのです。

贈与税の対象とみなされないためには、約束した期日に滞りなく返済をおこなうことが重要です。

「今月は出費がかさんだから、来月まとめて払う」とか約束した期日を先延ばしにして結局払わないなどという状況では、借金ではなく贈与とみなされる確率が高いでしょう。

また、返済計画書や借用書を作成することも有効です。

お金をもらうのではなく、借りたことを証明するために、借りた金額や返済期日、返済方法を具体的に記載しておきましょう。

返済計画書や借用書は、親にお金を借りるときに返済する意志を表示するために作成を勧めましたが、贈与とみなされないためにも有効です。

さらに、1%でもいいので金利をつけておくと、贈与ではなく借りたお金であるとみなされやすくなります。

  • URLをコピーしました!
目次