アコムは学生でも借りられる?親バレしないで借りる方法も紹介

学生がアコムでお金を借りる方法

アコムは高校生を除く20歳以上の学生でも、アルバイトなどの安定収入があればお金を借りられます。

アコムは原則として電話の在籍確認なしのため、本人確認以外はアコムと連絡を取る必要がなく、家族やアルバイト先にバレることもありません。

契約を済ませれば、セブン銀行ATMのQRコードを読み取るアプリでお金を借りることも可能。

スマホを持っている人にも最適な借り方です。

収入があれば雇用形態は関係なく申し込める

学生がアコムに申し込める条件は下記のとおりです。

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

引用元:アコム公式サイト

アコムはアルバイトでも申込可能です。

審査の条件は「安定した収入」なので正社員や契約社員以外の人でも審査を受けられます。

ちなみに、いくら親が高収入を得ているとしても本人に収入がなければ申し込めません。成人になると契約履行の義務は申込者本人に課されるからです。

目次

親やアルバイト先にバレずにアコムを利用する5つのコツ

アコムから借り入れしていることを親やアルバイト先にバレずに利用するために、申し込みや契約の痕跡を残さないようにしましょう。

  1. Web申し込みでカードレス契約する
  2. 自動契約機で契約とカード発行する
  3. 利用明細書はインターネットで受け取る
  4. 返済遅延しないように気を付ける
  5. カードの管理を徹底する

アコムを申し込むときに親の同意は必要ないため、申し込みや普段の利用に細心の注意を払えば、親バレしないでアコムを利用できます。

Web申し込みでカードレス契約する

Web申し込みならスマホで契約できてカードレスでお金を借りられます。

契約書はWeb上で取り交わすため、原則として郵送物は届きません。

カードを発行しない代わりに、24時間最短10秒で振込融資(金融機関により異なります)またはアプリを使ってセブン銀行のATMからお金を借ります。

審査時間の9:00~21:00に間に合えば、申し込みから融資完了まで最短20分です。
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

自動契約機で契約やカードを発行する

アコムのカードを必要とするときは、自動契約機で契約しその場でカード発行することをおすすめします。

もちろんスマホから申し込んで、カードは自動契約機で受け取るということもできます。

自動契約機(むじんくん)の使い方は画面の表示に従ってタッチパネルで行います。

アコム自動契約機

自動契約機の営業時間は9:00から21:00です。※年中無休(年末年始は除く)

アコムの公式サイトから近隣の自動契約機の検索ができますので確認しておきましょう。

自動契約機でカードを受け取らないと自宅に郵送で届いてしまうため、家族にアコムの利用がバレる可能性が高くなってしまいます。

アルバイト先へ在籍確認の電話連絡は原則なくなった

アコムの審査では、在籍確認を提出した書類で判断するため、原則として電話連絡はありません。

アコムは電話連絡なし

また、アコムは申込者の勤務先に電話連絡する場合は事前に本人へ連絡があります。

原則として在籍確認の電話なしとはいえ、延滞等で本人と連絡が取れないときは勤務先に連絡する場合もあるため、申込時には勤務先の電話番号を申告します。

チェーン店などでアルバイトとして勤務している場合は、本店や本部などではなく実際勤務している先の電話番号を申告するようにしてください。

学生であれば派遣の家庭教師で収入を得ている人も多いと思います。派遣で働いている場合は実際に勤務している所ではなく、派遣元の会社の連絡先を申告してください。

>> アコム公式サイトを見てみる

利用明細書はインターネットで受け取る

家族にアコムの利用がバレないコツは、郵送物を徹底的に排除することです。

そのため、カードの受け取りだけでなく利用時の明細書類に関しても郵送されないようにあらかじめ手続きしておくことが大切です。

利用明細は郵送書類で受け取るのではなく、インターネットの会員ページから受け取るようにしてください。

手続きは審査完了後に届く「契約手続きのお願い」メールから登録できます。

契約は完了しているけど明細書の登録はまだできていないという人は、会員ページにログイン後、「交付書面の受取方法登録・変更」から手続きができます。

返済遅延しないように気を付ける

普段から返済遅延しないように気を付けることも大切です。1日でも遅延してしまうと携帯電話へアコムから電話がかかってきます。

その時点できちんと対応できれば良いのですが「電話に出ない」「折り返さない」などの対応を採ると、自宅の電話に連絡が来たり督促の郵送物が届いたりします。

遅延は家族にバレるだけでなく個人信用情報に影響を及ぼすこともありますので、軽く見ず必ず期日に返済してください。

カードの管理を徹底する

アコムカード
カードを放置しない

家族にローンカードを見られてアコムの利用がバレてしまうこともあります。

自室のテーブル上に置いたり、机の引き出しの中で分かる所に置いておいたりするとバレやすくなります。

財布に入れて普段から持ち歩くと安心ですが、入れる場所にも注意してください。

目立つ場所に入れてしまうと会計時に見られるかもしれません。

僅かなことですが、気の緩みが親バレにつながりますのでカードの管理は日頃から気をつけてください。

学生がアコムの審査を受けるときの注意点

学生がアコムの審査を受けるときには、次のふたつの点に注意してください。

  • 限度額は低めに設定される
  • クレジットカードや携帯電話の支払遅延があると審査に通らない

これらの注意点を把握し、十分納得したうえで申し込んでください。

年収が低い学生は限度額も少なくなる

学生がアコムを利用する場合、限度額は低めに設定されることがほとんどです。アコムは消費者金融ですので、貸金業法に則って営業しており総量規制の対象となります。

総量規制とは、消費者金融が「貸付けできるのは年収の3分の1まで」という制限で、学生は年収自体が少ないので限度額がどうしても低く設定されてしまいます。

例えばアルバイトで年間100万円の収入を得ている場合、限度額は約33万円になります。

この33万円というのはアコムからの借り入れだけではなく、すべての消費者金融の合算で計算されます。

つまりアコム以外ですでに20万円借りている場合は、アコムは13万円程度しか借りられないということです。

もちろん審査に応じて限度額が設定されるため、総量規制いっぱいまで借りられるとも限りません。いずれにしても高額融資は期待できないでしょう。

支払い遅れが多い人は審査に通りにくい

アコムを始め消費者金融は、返済能力や信用力を判断するため個人信用情報を照会したうえで審査しています。

はじめて消費者金融に申し込むからといって個人信用情報に問題ないとは限りません。実際の個人信用情報には、ローンに関する情報だけ記載されているわけではないからです。

クレジットカードや毎月の携帯料金の支払いも個人信用情報に記録されているため、過去に延滞している場合は支払いの能力不足と判断され審査落ちします。

携帯電話はもちろんのこと、クレジットカードを利用する学生も多いですよね。

個人信用情報に少しでも不安な場合は、個人信用情報の開示請求を行い、内容を自分で見たうえでアコムに申し込むことをおすすめします。

>> アコム公式サイトを見てみる

返済計画を立ててからお金を借りよう

収入が安定していない学生がお金を借りるのは返済に困る可能性が高いといえます。審査に通ることよりも毎月延滞せずに返済していくほうが何倍も大変だからです。

アルバイトで収入があると言っても、ケガや病気、学業とのバランスでシフトに波が出てしまうことも想定されます。

有給休暇や傷病手当など様々な保障で守られている正社員と違い、ちょっとしたことで返済困難になることも念頭に置かなければなりません。

アコムを利用したり返済が滞った場合、どのような悪影響があるのか考えられるパターンを3つ紹介します。

アコムは他のローンの審査に影響してしまう

アコムを利用することで他のローン審査に影響を及ぼすおそれがあります。

例えば将来住宅ローンやマイカーローンを組むときにアコムとの契約が続いていれば審査で不利になります。

完済していても、カードを持っているだけでいつでも借りられる状況にありますので、アコムの解約手続きまでを済ませなくておく必要があります。

金融事故を起こすとライフプランに悪影響がある

長期延滞や債務整理などの金融事故を起こすと今後のライフプランに大きな影響があります。

就職活動で、希望する業種が銀行などの金融機関であれば特に注意が必要です。

金融機関は個人信用情報を開示することも可能ですし、一度でも金融事故を起こすと5年から10年間記録が残ります。

無事、就職し生活基盤が安定したとしても、記録が残る間はローンが組みにくいため結婚費用や教育費などが準備できないということも想定されます。

生活費をローンで借りると家計は苦しくなる

臨時的な出費に対応するためにカードローンを組むのであればまだしも、毎月の生活費を補塡するためにアコムを利用するのは避けましょう。

生活費をローンで借りてしまうと、当たり前のように借り入れを繰り返すことに。借入残高も膨れ上がり、返済期間も長期化し生活が困難になっていきます。

カードローンは銀行のキャッシュカードとは違い、あくまでも借金です。

「就職したら一括で返せばいい」という甘い認識は危険ですのでその考えは捨ててください。

生活費としてアコムの利用を検討するのであれば、その前に収支を見直し削れる支出はないか洗い直してみましょう。

格安スマホに変える、家賃がもっと安い所に引っ越す、外食を減らすなど身の丈にあった生活を目指してみてください。

>> アコム公式サイトを見てみる

街の学生ローンで借りるならアコムを利用しましょう

学生ローン会社
学生ローン

ネットで「学生ローン」と検索すると多くの学生ローン専門業者がヒットしますが、アコムのような銀行系消費者金融ではなく街金と呼ばれる形態に近い貸金業者です。

もちろん正規に登録している合法的な業者なのは間違いありませんが、できることなら大手で銀行グループの金融業者から借りたほうが安心できます。

アコムと学生ローン専門業者(業者によって多少異なります)との違いは下記のとおりです。

スクロールできます
会社名金利保証人土日
アコム3.0%~18.0%不要借入可
専門業者17.0%不要休み

アコムは大手だから、借りるときは手間がかかりそうと思ってしまうかもしれませんがそんな事はありません。

金利は大きな差にならない

借りるときにはできるだけ低い金利の業者を選ぶのは当然です。

しかし、生活費の補填として数万円の借り入れなら、利息の違いはそれほど多くないといえます。

アコムは年収の低い学生でもお金を借りられる

アコム公式サイトのIRデータ2023年6月度を見ると、新規申し込みにおいて年収200万円以下の割合は26.3%あることが分かります。

アコムに申し込む人の年収

アルバイトで稼ぐ収入でも、申し込み対象となりうる事例です。

200万円以下26.3%
200万円~500万円63.4%
500万円~700万円7.0%
700万円~1,000万円2.5%
1,000万円~0.8%

申し込みをする年齢層の5割以上は20代

同じくアコム公式IRデータ2023年6月度を見ると20代の新規申込が半数以上占めています。

~29才59.5%
30~39才17.4%
40~49才11.8%
50~59才7.6%
60才以上3.7%

こうしたことから、大半の学生は20代であることを考えると、正社員として働いていなくても借入していることが想像つくと思います。

>> アコム公式サイトを見てみる

  • URLをコピーしました!
目次